読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルバーリング

シルバーリング、銀輪です。自転車との日々をつづります。

失敗しない量販店でのスポーツ自転車の買い方 店で選ぶのではなく人で選べ!

初めてスポーツ自転車を買う時に、一番気楽に変えるのは自転車の量販店ですね。

スポーツ車は、本当はきちんとしたプロショップ(スポーツ自転車専門店)で買うのが一番です。

ですが、そういう店は敷居が高く、こちらに知識がないと、露骨に馬鹿にするスタッフが、本当にいたりします(ホントですよ)。

知り合いにきちんとした知識がある人がいて、その人と一緒に行くならいいのです。ですが、ひとりで行くとなにかと面倒な感じが、プロショップです。

そうなると、スポーツ車を置いてある量販店の方が敷居が低いので、買いやすいです。

有名なところで、サイクルベースあさひやイオンバイク、セオサイクルといったところでしょうか。

なにより近所にあり、ファミリー車も売っていることから、気楽に入ることができます。

ではこういった店舗でスポーツ車を買う時には、どんな注意をすればいいのでしょうか。

まずはスポーツ車に乗っているスタッフを探すこと!

f:id:ginringinrin:20170527115228j:plain

量販店でスポーツ車を買う基本は、スポーツ車に乗っている店員に話を聞くことです。

逆にいうと、そうした人がいない店では、スポーツ車を買ってはいけません。

量販店で働くスタッフのほとんどは、自転車が好きではありません。

社員はひとりかふたりで、ほとんどはアルバイトです。自転車に対する知識も少ないのが現状です。

スタッフの中には、驚くほど知識がない人も実際にいます。その知識のなさは、あなたの想像を超えている場合も、多々あります。

簡単にいうと「自転車の素人」ですね。店によっては、素人が素人に売る、という状況になります。

そうしたスタッフが、結構な頻度でいたりするのです。

ですでの、店に行ったらまずはスポーツ車に実際に乗っているスタッフを探すことです。

もしその日いなかったら、いつ来るか聞いて、その日に店に行き、そのスタッフから説明を受けましょう。

スポーツ車の整備ができるスタッフのいる店を探すこと!

f:id:ginringinrin:20170527115253j:plain

もうひとつの問題は整備です。

私が昔、ある量販店でロードバイクを買った時、ブラケットがとんでもない位置に固定されていました。

また最近では知人が同じ店でオリジナルのロードを購入しました。ギアがうまく変わらないというので、見てみたら、ギア調整がめちゃくちゃでした。

つまり量販店では、とんでもない状態で自転車を渡されることがあるのです。整備ができない人が、整備をしているわけですね。

フロントディレイラーの調整ができないスタッフが、整備をしていいたりするのです。

ですので、スポーツ車を乗っているスタッフをつかまえて、自転車を選び、購入することになったら、必ずその人に整備をしてもらってください。

実はスポーツ車に限らず、ファミリー車でも、トンデモ整備なものがたくさんあるのです。

量販店のスタッフは玉石混合! いいスタッフがいる店がいい店!!

f:id:ginringinrin:20170527115313j:plain

量販店のスタッフは、玉石混合です。力量に物凄い差があります。

いいスタッフに当たれば、スポーツ車に関して、様々な知識を得ることができますし、何より、安心して購入し、安全に乗ることができます。

そうでないと、トラブルが多くなり、自転車を乗ることが楽しくなくなってしまいます。

なにか困ったことが起こり質問しても、相手も何も知らない、なんてありないことが本当の起こります。

でもこれは当然で、先にも書きましたが、実際に働いているのはほとんどが非正規雇用のアルバイト。

安い時給で、働かせています。

そんな人に、多くを期待すること自体が間違っています。

ただ中には、自転車が好きで働いている人もいます。要はそういう人のいる店を探すのが、量販店でスポーツ車を買う時の最大のポイントといえるでしょう。

つまり店ではなく、人から買う、ということですね。

そういう人と仲良くなれれば、自転車の知識はもちろん、走り方、走る場所など、実際の楽しみ方までも教えてくれることがあるのです。

この人からなら買ってもいい! そう思えるいいスタッフの見分け方は!?

そうした人の見分け方ですが、

  • 変な日焼けをしている
  • ピット(作業場)でスポーツ車の整備、修理をしている

だいたいこのどちらかでしょうか。

変な日焼けは、腕は焼けているのに、手の甲がやたら白かったりと、自転車独特の日焼けがあるのです。

全体的にきれいな日焼けではなく、汚い日焼けですね。

そうした人は、頻繁に自転車に乗っている可能性が高いのです。

ピットに入り、実際にスポーツ車の整備、修理をやっている人も、狙い目ですね。特にクイックリリースの車輪をとても簡単そうに外していたら、その人はアタリの可能性が高いです。

普段からそれを行っていて、スポーツ車をいじることに慣れているからです。

ただそうした人でも、どうも気に食わない、と感じたらやめておいた方がいいでしょう。

これから何かとお世話になるので、合わない人だと、その都度変な気を使ってしまいます。

その場合は、別の店をあたりましょう。

いいスタッフのいる店を探して、そこで買うこと! それが量販店でスポーツ車を買う最大のコツ!!

f:id:ginringinrin:20170527115422j:plain

量販店でスポーツ車を買う最大のメリットは、気楽に買えることです。

問題は、そこでいいスタッフに出会えるか、どうかなのです。

はっきり言って、やばい店はあります。

そこは所詮量販店。それが当たり前ともいえます。

ポイントは、とにかく人。これが一番です。

どのエリアにも、そうしたスタッフが働いている店舗があるものです。

できれば近所の複数店舗をまわり、まずはいいスタッフを探すことから始めるのが、量販店でスポーツ車を上手に買うコツなのです。