シルバーリング

シルバーリング、銀輪です。自転車との日々をつづります。

格安ロードでロングライドはできるのか? ロード風味自転車の代表格(モーメンタムR1)で佐野まで!

格安ロードで、ロングライドはできるのでしょうか。

格安ロードと言うと、5万円前後。ある意味ロードバイクではないかも。

ロード風味自転車といったところですね。

そのロード風味自転車の代表格、モーメンタムR1です。

ついているギアはターニー。ファミリー車と同じ仕様の7段変速です。

もともとこのフレームはホダカのHOCRじゃないかと思っています。

そんなわけでこのR1で100キロちょっと走ってきました。

100キロはロングライドとは言わないかもしれませんが、自転車を始めた人の最初のハードルが100キロだと思います。

ロードが欲しかったら、本当はきちんとしたものを買った方が、楽しく走れ増す。

ですが最初からお金をかけたくない人、高級車を買って盗られてしまうのが嫌な人は、安いロードを選ぶのもありかな、と思います。

では格安ロードで100キロを走るのはどんな感じなのでしょうか。

佐野まで120キロを走ってきました

今回は、荒川サイクリングロードから66号に入り、吹上、そして館林を抜けて佐野までラーメンを食べに
行ってきました。

R1ですが、出来る限りお金をかけないで改装してあります。

ブレーキをティアグラ(中古)に、ステム(中古)を前傾がとれるようにハイライズを逆付けしてあります。

元々は25Cのタイヤだったかと思いますが23Cにしてあります。フロントホイールはジャイアントOCRについていたもです。

ペダルはSPD(中古)、サドルはアマゾンで1000円ほどの中華製です。

2017改良版 SyuuYou 自転車 サドル 穴開き サイクリングサドル 防水加工 肉厚 軽い コンフォート スポーツ サドル レッド×ブラック

新品価格
¥1,080から
(2017/8/2 23:40時点)

それ以外は最初のままです。

スタートは10時20分。前回のクロスよりはちょい早い25キロを維持していきます。

タイヤも細いので、車道を走ります。

さすがに古いクロスバイクよりは楽ですが、踏み込んでも加速が悪いので、のんびりペースで行きます。

この日は、気温が低く、天候も曇りと、天候的には自転車を走るのに最適です。

f:id:ginringinrin:20170802224008j:plain
利根川です。

f:id:ginringinrin:20170802224052j:plain
館林市街を通過中に途こんな看板を見つけました。

f:id:ginringinrin:20170802224243j:plain
この先はこんな感じで7号沿いの歩道が自転車道になっているようです。

f:id:ginringinrin:20170802224331j:plain
渡良瀬川です。

f:id:ginringinrin:20170802224342j:plain
分かりにくいですが、栃木県に入りました。

f:id:ginringinrin:20170802224355j:plain
佐野のラーメン屋さん。

f:id:ginringinrin:20170802224418j:plain
昔懐かしい中華そば、という感じですね。シンプルで薄味。とても美味しかったです。スープまで飲んじゃいました。

f:id:ginringinrin:20170802224437j:plain
分かりにくいのですが佐野駅です。駅舎は反対側ですね。

f:id:ginringinrin:20170802224448j:plain
佐野で入った老舗の和菓子屋さん。

f:id:ginringinrin:20170802224457j:plain
味噌饅頭を買おうとおもったのですが、私の前のお客さんとほとんど買い占めてしまい、漉し餡が売り切れ。粒あん一個だけ買えました。

薄皮まんじゅう風で、みその風味がとても美味しいです。漉し餡を食べてみたいので、また行こうと思っています。

f:id:ginringinrin:20170802224538j:plain
帰りの利根川。

全行程120.03キロです。

走行時間は5時間48分。平均時速206キロ。最高時速は59.2キロです。

気楽な100キロなら格安ロードでも十分に楽しめます!

今回は全く暑くなく、とても快適なサイクリングとなりました。

R1でも、のんびり行けば100キロちょっとくらいは走れます。おそらく150キロくらいまでは大丈夫でしょう。

ですが、車体が重いので、本気の走りにはやはり向きません。危ない道路を早く駆け抜けたくても、なかなか加速しないので、足を使ってしまいます。

ですので、交通量の多い幹線道路は歩道を走ることになります。その時はもちろん徐行です。

恰好もジャージではなく、ドライTシャツ、短パンで中にパッドつきのインナーパンツ。

ガッツリ系ではなく、お気楽な自転車行です。

格安ロードでも、100キロぐらいなら、のんびり行けば問題はありません。

ただ今回は峠越えはなし。登りがあると、ちょっときついかもしれません。

R1に限らず、安いスポーツ車の魅力は、盗難のリスクが少ないことです。

特に単独行だと、これが非常に魅力です。

格安ロードで100キロを走る時の注意点

格安ロードの一番の問題は、ついてくるキャリパーブレーキがとても貧弱だということです。

もともとそんなにスピードを出すようには想定されていないので、超安物のブレーキがついてきます。

R1のものも、ブレーキをかけるとシュルシュルと音がするだけできちんと止まりません。

ですのでブレーキだけはシマノのものに変えるべきです。

SHIMANO(シマノ) TIAGRA BR-4700 キャリパーブレーキ 前後セット(R50T5) EBR4700A87

新品価格
¥5,950から
(2017/8/2 23:43時点)

加速性能はとにかく、ダウンヒルの時や急ブレーキをかけた時には止まってもらわないと困ります。

なにも105にしなくてもいいので、まずはすぐにでもブレーキを変えましょう。ロードのキャリパーブレーキの交換はそう難しくありません。

もし自信がなかったら、購入店に相談しましょう。

またデザインが前傾になりにくいものも多いので、ステムなどで調整しましょう。

もちろんロードに乗るなら、最初からある程度いいもの、できれば15万以上のものを買った方が本当に楽に走れます。

特に初心者の人ほど、そうしたものの方が、走るのが楽でしょう。

R1改装中! 一応8速化計画

R1ですが、現在8速に改造中です。

リアホイールと、右の8速のブラケットが余っているのでそれを使います。

スプロケも持っているのですが、あまりにもワイドレンジなので、ロード用の8速スプロケを購入しました。

SHIMANO(シマノ) CS-HG50-8-T 8スピード 13-23T ICSHG508323

新品価格
¥1,822から
(2017/8/2 23:47時点)

R1などの格安ロードの魅力は、なんといっても盗難の心配が少ないことです。

105仕様のカーボンバイクでは、小心者の私としてはトイレに行くのも恐々です。

軽いロードなのに、厳重な鍵を持つのもなんか本末転倒な感じがします。

カーボンバイクは走るためだけ、または数人でのツーリング用ですね。

安いロード風味の自転車でも、それなりに楽しむことができます。

気楽に遠出ができる、というのは自転車本来の楽しみ方なのではないか、と思うのですが、どうでしょうか。

改装がすんだらR1で栃木に行ってこようと思います。