読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルバーリング

シルバーリング、銀輪です。自転車との日々をつづります。

『変形性膝関節症』の運動療法としての自転車 はじめに

変形性膝関節症治療 自転車

 『変形性膝関節症』の運動療法として私は自転車に乗っています。

 自転車は体重を自分が支えるのではなく、自転車がささえてくれ
ます。なので、ジョキングなどより膝に負担がかかりません。

 ある程度のスピードがでますので、走っていると爽快感を得られ
ます。また、季節の変わり目を肌で感じ、季節ごとの風景を楽しむ
ことも出来ます。

 運動で自転車に乗る場合、ファミリー車より、スポーツ自転車を
オススメします。

 スポーツ自転車の多くは、車体が軽くできています。そのため、
漕ぎ足が軽く、また、適正な乗車姿勢をとることができます。

 素材はアルミ製か、カーボン製を選ぶとよいでしょう。

 時速15kmで走ると、45分程度で300kcal消費出来ます。最初は
ゆっくりでもいいので、ある程度の距離を走ることです。電車の2
駅ほど離れた場所までの往復を目安にするといいでしょう。

 無理は絶対に禁物で、特に太股が疲れすぎると、かえって『変形
性膝関節症』には逆効果です。痛みが出たら、必ず休んでください。
無理な頑張りは、症状を悪化させます。

 サドルが低いほうが安全性は高まりますが、逆に膝への負担は増
します。ですので、サドルを高くして乗った方がほうが、膝への負
担が減ります。

 スポーツ自転車は、もともとサドルを上げて乗りますが、無理に
あげすぎると膝に負担がかかり逆効果になります。

 またサイズもありますので、自分の体にあった自転車で、適正な
乗車姿勢で乗ることが、『変形性膝関節症』の運動療法として自転
車を使うポイントです。

20140722001IMGP0059.jpg