読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルバーリング

シルバーリング、銀輪です。自転車との日々をつづります。

『変形性膝関節症』私の場合 ?

 膝の違和感ですが、かならず出るわけではありませんでした。

 動かしていると改善されます。なので、仕事の時は午前中に、し
ゃがむ時に気をつけるようにしていました。また直接、しゃがむの
ではなく、椅子に座るようようにしました。

 店には、自転車修理用の、キャスターのついた椅子があります。
その椅子を使うよう心がけました。お客さんの手前、あまり格好の
いいものではないですね。
 
 忙しい日は、夕方から、また膝のきしみをおぼえ、合間をみて休
みをとるようにしました。

 休みの日は自転車に乗るのですが、たまに痛みともいわない違和
感を膝に感じたりすることも、ちょくちょくあるようになっていま
した。

 毎日往復50キロの自転車通勤の頃と違い、だいたい20キロ〜
40キロと短めの距離を走り、たまにかみさんと走る時は時速20
キロのスローペース。膝の負担は、ほとんどない感じです。なので、
痛みではなく、まさに違和感です。

 夜はパソコンに向かうのですが、その姿勢が悪く膝をまげて座り
ます。だいたい毎日2時間から3時間、パソコンにむかうのですが、
作業が終わると、膝が痛むことが多くなりました。
 終わって、立ち上ろうとすると、膝がぎりぎりして、怖いのでゆ
っくり立ち上ります。

 まさに軟骨のすり減り、『変形性膝関節症』です。そのうち治る
だろうと、あまり深く考えず、無理だけはしないようにすればいい
や、と安直に考えてしまったのです。
 
 膝のきしみがとても嫌で、どうしようかと考え、サポーターを思
いつきました。治療に使っていたものは、病院で2千円近くだした
ものですが、部屋の片づけの時、間違って捨ててしまったらしく、
出てきません。止むを得ず近所の薬局で適当なものを購入しました。

 ないよりまし、というか、あまり効果を感じずにいました。

 骨折の治療の時、膝の骨が減っていて、それはなおらないよ、と
言われ、『変形性膝関節症』になりかけ、と言われたのですが、そ
の時は、骨折の治療のことで頭がいっぱいで、あまり大事にとりま
せんでした。