読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルバーリング

シルバーリング、銀輪です。自転車との日々をつづります。

スポーツルック車とは、あまり関わり合いたくありません(特に修理)

 大げさなタイトルですが、今日は仕事の愚痴でございます。ブツブツといった、独り言です。

ルック車という言葉があります。もともとマウンテンバイクのまがい物を射す言葉で、形はマウンテンバイクと似てるけど、実際には林道など走ることが出来ない自転車のことです。

 そこから今では、ルッククロスという言い方もするようになりました。

 こちらは、クロスバイクもどきのことですが、もともとクロスバイク自身がルックっぽいのですが、そのクロスバイクにもなれなかった自転車のことを指しています。

 一番の特長はスプロケがボスフリーで6、7速。前には3段変速で、グリップシフト、Vブレーキという仕様が多いようです。

 私もルッククロス然とした自転車持っています。使い方次第では、気楽に乗れるので好きです。

 

 さて、私の働いている自転車店はチェーン店なので、ファミリー車が主流です。スポーツ車も少し置いてある程度。そのため、プロショップでは修理しないルック車が、修理で持ち込まれることが多いです。

 実はこのルック車、修理するのがとてもイヤです、

 なにせ、作りがひどい。特についているVブレーキの調整が本当に難しいのです。

精度が悪いので、一回調整してもすぐに狂う。使っているネジ類も品質が悪く、固着しまくり。

 さらにメンテなんて一度もされたことがない(可哀そうです)ので、あちこちかたまりまくり。シフトワイヤーもサビサビ。何故かフロントに3枚もギアがついていて、これが調整ほんとにしにくい、いや出来ない。

 中には、あきらかにチェーンラインが変、というものもあります。 

 メーカー品のファミリー車の方がよっぽどきちんと作られていますし、アルミのファミリー車だったら、よっぽどこっちの方が早く走れます。

 

 欲しいというお客に、買うな! とは言いませんが、やんわりと悪いところと伝え、店長によく怒られています。

 もし、ルック車に手を出すなら、以下のことの気をつけた方がいいと思います。

 

①フロントは一段のものにする。3段は出来る限り避ける。故障ももとです。

②タイヤは27インチのものが、修理にお金がかからないし、町の自転車店でタイヤ、チューブ交換ができます。

③フロントサスペンションのものはさける。どうせ1年くらいでダメになります。

 

 私が持っているルッククロスは、アルミフレームでリア6段、Vブレーキ、27インチです。

 これは、以前25キロを自転車通勤している時の雨の日用に買ったものです。

 この自転車を、ステムを交換し前傾姿勢に、サドルも交換、リアを7段に、BBをカセットに、ついていた無名ブレーキは即効で捨て、テクトロに。

f:id:ginringinrin:20140915000746j:plain

 これはそのころの姿で、今は泥除けは取りました。店からの帰り、ちょっと遠回りするのに乗っています。

  元の姿が想像できないくらい、いじっています。

 

 ルック車、その具合がわかって使うのならいいと思うのですが。カッコだけで買うのはおすすめしたくないです。

 お客さんには、本音を言いたいのですが、なかなか言えません。私の顔に、「買うな~」という文字が浮き出るように念じていますので、それを読んでくれればなーと思いつつ、仕事をしています。